GROUND CORE通信9月号

Posted on

日中はまだ少し暑い日があったりしますが朝夕と凄く涼しくて過ごしやすくなったな~と感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
個人的になのですが今月は何だか疲労感の濃い時間が多かったです。
日々色々な問題と向き合い、迅速に最大限出来る事をぶつけていく毎日ですが回復のタイミングが上手く取れなかったですね~。
自然の季節が移りゆくように人生の景色も色んな事が日々変化して行きます。
選手として多忙な時間を過ごした若い頃に比べ、現在は道場運営、選手指導、環境改善、他道場の方々との交流、人事管理等々仕事の質と量と対象が大きく変化してきました。
未だ先行きの見えない新型コロナウイルスの脅威とも毎日全力で取っ組み合ってますからね。
徐々に蓄積されていく疲労とどう向き合うか?これが今の私の対戦相手の一人です。
なかなか手強いぜ(^^;)
疲労回復には糖分だ!と言う事で今月は色んなマリトッツォを食べました。
コンビニのマリトッツォは完全制覇しました!
結果得た教訓は・・・生クリームはほどほどに。。
美味しゅうございましたm(__)m
さてさて私個人のニュースとしてはそんな感じの9月、道場ではどんな事があったでしょう?
一緒にみんなで振り返って見ましょう。
それではグラコア通信9月号レッツらGO!

・井手さんがサンボ全日本選手権で準優勝!

地元へ帰られた後も地道に稽古を重ね続けている我らが仲間、“組技格闘技界の今西郷”こと井手さんが98kg級で準優勝されました!
地方から遠征し結果を残すことは本当に難しい事ですが、諦めずチャレンジを続け結果を出された事に頭が下がります。
素晴らしい努力への尊敬と激戦を戦い抜いた精神を心から称えたいと思います。
ここでグラコア裏話。
GROUND COREサンボチーム統括総合ヘッドコーチの尾藤先生は井手さんが出場する事を聞き「これはセコンドにつかねばダズビダーニャ」と思い立ち試合会場である東京都墨田区総合体育館へと向かわれました。
ロッキーにおけるミッキー、キン肉マンにおけるミートくん、はじめの一歩の鴨川会長・・・名セコンドは時に選手のポテンシャルを100%以上に引き出します。
不慣れな東京での試合に際し“関西格闘技界の生ける伝説”“武芸百十八般の男”尾藤コーチの存在は井手さんにとって鬼に金棒、エヴァにロンギヌスの槍とでも言うべき心強さがあったに違いありません。
我に必勝の準備あり!
いざ試合開始!・・・の前のルールミーティングで驚愕の一言が放たれました!?
「え~新型コロナウイルス予防対策の観点からセコンドは声出しちゃダメ」
「な・・ん・だと・・」
尾藤コーチはセコンドエリアから念を放つことでサポートされましたよ。
井手さんの実力と尾藤コーチの念が合わさって見事準優勝!
井手さん本当におめでとうございます!また一緒に練習しましょうね!

・村上先生の道場が台湾で始動!

GROUND CORE柔術組の皆さんとは御縁の深い村上先生がいよいよ台湾でご自身の道場を始動されました!
私の大先輩で色々な面でお手本とさせて頂いて来た村上先生。
本当にお世話になりっぱなしで何一つ恩返し出来ていません。
コロナが落ち着いたらお祝いを持って道場に伺いたいです。
村上先生おめでとうございます!ご活躍お祈りしております!!!

・赤澤さんノーギ全日本選手権に出場!

赤澤さんが全日本ノーギ選手権に出場されました!
結果は、階級、オープンクラス共に惜しくも初戦で敗退となりましたが、試合に挑んだと言う事が大きな経験となり次の戦いへと繋がるでしょう。
今年の柔術全日本選手権、ノーギ全日本選手権の動画などを分析してみると選手のレベルが飛躍的に向上していることに驚きます。
この水準を肌で感じていなければ時代の流れを感知できず技術的にもフィジカル的にも認識が数年取り残されてしまうでしょう。
赤澤さんが得た経験、データはGROUND COREの経験、データとなり赤澤さんはもちろん、次に続く選手たちの力となります。
挑戦し続ける赤澤さんを私は尊敬しています。
本当に素晴らしいです。
ナイスチャレンジでした!

・「老虎残夢」いよいよ発刊!

柔術、サンボクラスのベテラン会員さんであらせられる桃野雑派先生の作品「老虎残夢」がいよいよ発刊されました!
第67回江戸川乱歩賞受賞作品!
発売されたら必ず買おう!と思っていたんですが、なんと桃野雑派先生から直接頂いてしまいました。
しかもサイン入り!!
早速読み始めましたが面白い!格闘技好き、武道に興味がある方はこの設定たまらないんじゃないかな。
作品の話をすると「ああこの先はね・・」とうっかりネタバレしそうになる桃野雑派先生。
先生!ダメですよ!!今楽しんでるとこですから!!
しかし読んでる小説の作者の方が隣にいるって不思議な感覚だなぁ(^^;)
本当に面白い作品ですのでご興味のある方は是非書店でお買い求めください!!

・柔術西日本選手権が延期

なんと台風の影響により大会が延期となりました。
GROUND COREからは岡島さん、越智さん、谷林さんが出場予定です。
三名共にいつも一生懸命稽古している素晴らしい柔術家です。
試合でどのように戦われるのか本当に楽しみですね!
今週末また台風が近づいてきているのだけが心配です。
三人の中に嵐を呼ぶ男がいるのかな?

・無念ケイタコーチ負傷により大会欠場

「GLADIATOR 015 in OSAKA」に出場を予定していた井上啓太選手が練習中のアクシデントにより肋骨を骨折し、試合を欠場致しました。
体重のコントロールも上手く出来ており、本人も自分の試合に期待していただけに残念でなりません。
大会直前の欠場で対戦相手の石田拓穂選手(リライアブル)並びにGLADIATOR櫻井代表、関係者の皆様に大変ご迷惑をお掛け致しました。
選手に代わり謹んでお詫び申し上げます。
申し訳ありませんでした。
しっかりとけがを治し、良い試合を皆様にお見せする事でご期待に沿えればと思う次第です。
これからも井上啓太選手の応援宜しくお願い致します。

・石川さんベトナムへ!

中々出発の日が決まらなかった石川さんがベトナムへと旅立たれました。
「日本を離れる前に集大成として試合に挑みたい」
一つのゴールのように思えるここが何故か石川さんと言うドラマのスタートだったような気がします。
現代社会では戦わなくても日々の糧は得られ、自らの領地を奪われたりもしません。
直接的に誰かと戦わなくても人は生きていけます。
しかし非日常である「戦い」と言う舞台でしか得られない経験、感情、力が確実に存在しています。
人は日常で出会えない自分と会うため、戦いと言う非日常に足を踏み入れるのかもしれません。
石川さんも一歩踏み込んだ方でした。
人生初のリングに立ち勝利した石川さん。

旅立ちまでと言うタイムリミットが迫りながらもGROUND COREと石川さんの絆はより一層深く濃くなっていきました。
誰よりも優しく仲間思いな石川さん。
日に日に存在が大きくなっていきましたね。
「GROUND COREで素晴らしい体験をさせて頂きました」
こんな言葉を私達に残してくれました。
石川さん。
その体験は石川さんが自ら挑み掴んだものですよ。
私達は石川さんと出会うと言う素晴らしいご縁を頂きました。
そのご縁に心から感謝致します。
離れていても私達は仲間です。
これからも共に歩んで行きましょう!
次会う時までどちらが成長できているか勝負ですよ!
気をつけて行ってらっしゃい。

9月のグラコア通信はここまでです。
こんな風に書きながらマリトッツォはしばらく封印しようと思いました。
今年も残すところあと3ヶ月、あっという間に冬支度の準備する季節になりましたね。
最近道場で怪我が続いたので道場内の安全基準を今一度見直し中です。
“格闘技の練習は怪我と背中合わせ”
昔からよく言われる言葉です。
だからこそ安全で安心して練習できる場所を創っていきたい。
心からそう思います。
皆様の御理解とご協力宜しくお願い致します。
いつになくちゃんとした締めの言葉。
やれば出来る子、褒めて伸びる子、それが私です。
ではグラコア通信10月号でお会いしましょう!